三栄無線PK011 6BM8シングル制作記

2004.6.22
ようこそ三栄無線よりお越しいただきましてありがとうございます!この度三栄無線さんのこのキットを作って感じたのは昔から素晴らしい物を造っていた人がいたということですね!ただ、真空管というディヴァイスが時代に押されて忘れられてしまった…という残念な…残念なんて言っている場合ではありません!これほど素晴らしいディヴァイス!皆さん復活させましょ〜!



今回は三栄無線さんのPK011という6BM8シングルのキットを造りました。このキットはかなり昔から有る物のようです。
三栄無線さんというと以前は秋葉原のラジオ会館4階右奥にあった知る人ぞ知るオリジナルキットを沢山出していたお店です。現在はインターネット上での販売が中心?なのかは解りませんが、埼玉県の桶川でお店をやっているようです。私が中学生の頃は三栄無線さんのキットを造りたくて仕方がなかったのですが、当時の中学生としては真空管アンプは高嶺の花…それも、私は当時から欲張りだったのでしょうか…どうせ造るのならばKT88の100wでるプッシュプルが良い!それかUV-845のシングルだ!…なんて思っていたので結局手が出ませんでした。気が付いたら秋葉原のお店はなくなっちゃうし…。そんなに欲張らないで6BQ5のシングルあたりだったら当時でも造れたのに…惜しいことをしました。…と、思っていたらインターネット上にこのお店と再会!嬉しかったですね!
今回は、家に沢山ある6BM8の使い道と言うこともあり、このアンプをお願いしました。ついでに、フルカバーのボンネットも今回はサービスで付いていますしね!完成した状態を眺めるとこのアンプはかなりお買い得!同じ6BM8のシングルアンプはエレキットからも出ていますが、比較するとエレキットさんはプリント基板を使って、かなり造りやすい!トランスは小型ですが必要十分な容量。その辺、出力トランスはもう一回り大きめ、さらにチョークトランスまで使っている、入力は両者とも2系統、スピーカー端子はバナナプラグが使えるタイプです。ただ、配線は手配線なので、エレキットからするとちょっと手間がかかります。それは逆に言えば楽しみでもあるのですが…。

梱包は丁寧にされていました。全ての部品がシャーシの中に詰め込まれ、収まっていました。このシャーシは比較的大きめなので造る段階では助かります。改造すればPPアンプにも使えそうなくらいのサイズです。

電源トランス、出力トランスを取り付けた所です。シャーシの上殆どをトランスが占める感じです。

左はちょっとピンぼけですが、真空管のソケットは別のサブシャーシ上に組みます。

スピーカー端子はバナナプラグも使えるタイプ。個人的にはこの部分気に入りました!今回気づいたのですが、この手の端子はハンダ付けをする前に余りしっかりとネジを締めるとハンダをした時にその熱で部品のプラスチック部分が多少柔らかくなるのでしょうか、結果ネジが緩んでしまうのです。軽く締めて置いてハンダ付けの後本締めをするべきでしょう。

左はシャーシの入出力関係の配線、右はスイッチボリューム関係の配線です。

電源部をセットとしました。


こちらは電源関係の配線、入力関係の配線、ソケット回りの配線です。

ソケット回りに部品を取り付けて行きます。右は全ての配線が終わった状態です。

付属していたソブテックの真空管は新品なので、保管箱へ…同じメーカーの6BM8を複数持っているので、それを試しに付けて音だし!ところが、方チャンネル、ハムノイズが妙に多い…これは失敗したかと改めて中身を点検、ヒーター配線近くの部品は少し離したり、アース関係のハンダをさらに足したりしたのですが、解決せず…ひょっとしてと思い、真空管を右左入れ換えた所ノイズも入れ替わっちゃいました!これは真空管固有のノイズだったようです。現在はNECの6BM8を使っていますが、ノイズも少なくご機嫌な音をしています。このボンネットを付けた格好もなかなかスマートに決まっています!これは、超お買い得だと私は思いますが…。手配線初挑戦の方に特にお勧めです!
2004.6.20
今日、このアンプのヒーターを直流点火にしてみようとやってみました。家にあったダイオードは10D1という1Aのものでしたので、2本ずつパラで使って計8本でブリッジ整流にしました。コンデンサは25V1000mFのものがあったのでとりあえず、それだけをつけてみましたが…以前、ハムノイズがひどかった真空管を試しに使ったところ、多少よくなったようですが、やはり簡単な整流回路ですのでπ型のものに改良してみます。
2004.6.21
っと、直流点火にしたのですが、今日、聴いてみたところ…あれ〜なんか音が痩せてる…。小さなスピーカーの時には気がつきませんでしたが少し大きなスピーカーにしたところ良くわかりました。気に入らなくなって、元に戻したら元気な音になりました。ハムノイズは多少あっても表現が深くなるのです。不思議です!
現在、整流回路はシャーシの中に入れっぱなしですが、回路はまったく関係なくしてあります。せっかく、6V1Aのレギュレータを2ヶ買ってきて完璧な直流点火にしようと今日買ってきたのですが、むだになってしまったようです…。

自作オーディオに戻る

アンサンブルクラルテTOPに戻る (このHPのTOPです)

三栄無線HP