Kit LS-3/5
「ザ・キット屋」さんのスピーカーキット

今回、「ザ・キット屋」さんのスピーカーキットを制作しました。オリジナルはイギリスのBBCモニタスピーカーをキットで再現した物です。私が昔欲しかったスピーカのキットです。以前に長谷弘さんのバックロードホーンにKEFの3/5のユニットを使い制作をしました。この、3/5はイギリスの色々なメーカーが作っていました。要するに、BBCの規格を満たしたスピーカーという事だそうです。ロジャース、KEF、スペンドール等が作っていた記憶があります。

今回のキットもなかなか良くできています!音は、ロジャースの3/5よりも軽さがあるようにも思います。オリジナルは相当出力を入れなければ鳴らないイメージがありましたが、割とならしやすいのではないかと思います。制作もかなり簡単な部類にはいるでしょう。これで49800円はお勧めです!

しっかりとした梱包です。期待大!ドライバを始め色々な工具も付属!これは親切です。
箱から出したら、見かけは完成品。結構重い!
フロントサランネットをはずしました。中にはユニットやネットワークその他がギッシリ!まずはそれを取り出します。
部品の点数は少なめ。自作入門には最高に良いかもしれません。ハンダも使わないしね!
ツイーターを取り付けます。表面に付いているパンチパネルはユニットの保護用です。単にユニットの磁力でくっついているだけです。
このネジはウーファーを取り付けるためのネジです。バッフル側からねじ込んで裏側に出します。勿論ワッシャやナットは外してですよ。私はここで失敗!1台目はドライバを使い手で入れたのですが、2台目はおおちゃくしてドリルドライバを…一番トルクを弱くしてやったのですが、勢い余って入りすぎ表面の樹脂を割ってしました。ここは手でやる方が安全!
ウーファー側のネジを入れたところ。
これがウーファーユニット。縁に防震ゴムを取り付けます。多少部材が長いので適当にカット!説明書ではネジ穴のところで、一周させていましたが。私はユニットの縁の直線部分にしました。…たぶんネジで締める時、ゴムがゆがみやすいのでは?っと思ったからです。
ユニットを取り付けました。
立派な端子です。ねじ切りが甘いせいか、ナットを外しにくい物もありました。実用上問題ないですが…。
このネットワーク基盤はかなりしっかり出来ているように思います。ボックスの中に取り付けます。
フロントバッフルを取り付けるための防震パッキングを取り付けます。かなり、部材は余りますよ。
説明書ではドライバで、ネジ穴を開けるように書いてありましたが、私はカッターで、切りました。
オリジナルを彷彿させるデザイン!これはいい音出そう!拡散用フェールトをつけた写真を撮るのを忘れました。なるべく内側に寄せるようにつけないと、サランネットを取り付ける際に苦労します。サランネットの枠を見て計算して取り付けると良いと思いますよ〜。
第一声の印象は「いい音!」でも、しばらく鳴らしていかないと…低域の伸びが出るまでにはしばらくかかりそうです…。
しかし、この値段でこの音はまず普通は考えられません!

自作オーディオに戻る

アンサンブルクラルテTOPに戻る (このHPのTOPです)