2001.11.7

遂に、6BQ5のシングルアンプが完成しました!今回は作成中に時々写真を撮って置いたのでそれを全部載せます!

左上はシャーシに穴あけ等を決めるため実体図をシャーシに張り付けてあるところです。その上に載っているのは使用する予定のソブテックの6BQ5と12AX7です。右の写真は左の図を元に穴あけをし終わったところです。
左上はシャーシに真空管ソケットや端子類等の小物部品を取り付けたところ。右上は、シャーシの内側です。電源用のブロックコンデンサーとラグ端子(真空管ソケットの周り)をつけたところです。
外観は今までのアンプと同じように煙突風のプロテクターを作りました。右側はトランスをつけヒーター周りを配線しました。
左上は製作途中の外観です。右側の写真には、今回初めて使うチョークトランスが見えます。電源トランスの後ろ側がそれです。電源トランスが予定の240Vが手に入らず、230Vの物を使ったので、抵抗による電圧降下をさける為チョークトランスを使う事にしました。
左上は出力管周りの配線が終わったところ。右はさらに初段管周りの配線が終わったところ。
左上は真空管周りの配線です。ぐちゃぐちゃ・・・。右上は電源周りの配線です。
左上は出力トランスと、抵抗、コンデンサー等の部品を付けたところ。右はその拡大写真。
左上は完成して視聴しているところです。右は完成後上からのぞき込んだ写真です。

遂に完成って感じです。今回はかなり前から計画していたのですが、10月がとんでもなく忙しくなかなか手を付けられませんでした。シャーシに穴あけをした状態で数週間ほっぽらかしでした。やりたくてウズウズしていたのですが、始めると本職の方の練習が手に着かなくなりそうだったので必死にこらえていました。それをここ3日ぐらいで一気に完成させたという次第です。このアンプの回路図はトライオードジャパンのVP-mini84のキットに付いていた回路図を元に自分で電源部分をアレンジして作りました。勿論キットはプリント配線ですがこれは全て手配線です。制作はとても楽しかったです!!音は・・・勿論・・・最高・・・自画自賛!!冗談抜きで6BM8の超3極管接続アンプよりも豊かで優しい感じです。出力も一寸余裕がある感じです。

次は、6BM8を4本使ってプッシュプルアンプを作る予定!トランスとシャーシはこの間のサントリーホールでの定期演奏会の初日、G.P.と本番の間に秋葉原に行きてにいれてきました。真空管の在庫はまだ沢山あるし!あとは抵抗やコンデンサー等の細かな部品を買ってくるだけです。

自作オーディオに戻る